ゼアキサンチンサプリの効果とは?サプリの選び方とおすすめ

ゼアキサンチン サプリ

ゼアキサンチンは、緑黄色野菜に入っているカロテノイドの一種。体の中ではルテインとともに目の黄斑部に存在しています。紫外線やブルーライトを吸収する働きがあり、光のダメージから目を守ってくれます。そのため、白内障や黄斑変性症などの予防に効果的。残念ながら体内で合成することができません。緑黄色野菜から摂るほか、効率で考えるとサプリでの摂取がよいでしょう。

 

サプリの選び方としては、ルテインビタミンCが配合されているかをチェック。ビタミンCは活性酸素除去後のゼアキサンチンの効果を、元にもどしてくれることが分かっています。当サイトでは、ゼアキサンチン配合のサプリをご紹介しています。配合量や含有成分を、ぜひ比べてみて下さい!

 

めなりの特徴

ゼアキサンチンに、ルテイン+ビタミンCが一緒に摂れます。もっとも効果のある黄金比率1:5で、ゼアキサンチンとルテインが配合されています。ビタミンCをはじめアスタキサンチンやクロセチンといった、抗酸化・還元成分もしっかり。特許取得の持続力の高いビルベリーエキスも配合でクリアな視界。1日2粒にゼアキサンチン2.4r配合。相乗効果で目をしっかり守ってくれる総合サプリです。

価格 907円
評価 評価5
備考 1日2粒 ゼアキサンチン2.4r配合

 

なごみアイの特徴

ゼアキサンチンとルテインがしっかり入っています。2つの成分は効果の高い、1:5の黄金比率で配合しています。抗酸化・還元成分には、アスタキサンチンとクロセチンを採用。成分や体を酸化から守り、しっかり届けます。1日めやす2粒に、ゼアキサンチンを2r配合。クッキリはっきりを考えてつくられたサプリです。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 1日めやす2粒 ゼアキサンチン2r配合

 

クリアアイの特徴

ゼアキサンチンに、ルテイン+ビタミンCが一緒に入っています。食品会社が作った安心して摂れるサプリ。ゼアキサンチンとルテインは、もっとも効果のある黄金比率1:5で配合しています。ビタミンCをはじめ、体のために摂りたいビタミン類が11種類とビルベリー由来のアントシアニンもプラス。1日2粒にゼアキサンチン2r配合。目の調子を整えるサプリです。

価格 972円
評価 評価3
備考 1日2粒 ゼアキサンチン2r配合

 

h3>ゼアキサンチンの摂取にはマンゴーが有効

 

今、目に不安を抱える人が多くなっていますが、そんな人たちの中で注目されている健康成分のひとつがゼアキサンチンです。このゼアキサンチンは、同じカロテロイドと言われる色素のひとつであるルテインと共に目の網膜にある黄斑に多く含まれているもので、これが多くの光から生じる目へのダメージをブロックする役割をしていると言われています。そのため多くの眼病予防に役立つ成分として人気が高まっています。

 

そんなゼアキサンチンを多く含んでいる食品が、南国フルーツの代表選手であるマンゴーです。マンゴーのβカロチンの量は、果物の中でもトップクラスであり、他にも多くのビタミンや食物繊維を含むことでも知られていますが、ゼアキサンチンの含有量も高いことが分かっているのです。元々肌を強くしたり体の調節能力を高め、高い抗酸化作用を持っているマンゴーですが、その効果が目にも現れることが分かれば食べない手はありません。何より風味も美味しいですしね。

 

美容や健康を目指す人にとっては嬉しい成分を多く含むマンゴーは、なかなか高い果物ですので直接購入して食べる機会はそうそう多くはないかもしれません。しかし東南アジアであったり中南米などでは非常に安価に販売されていますし、旅行の際などにいっぱい食べてくるのも良いでしょう。また産地が外国のマンゴーであれば安く購入出来ることもありますので、ぜひお近くのスーパーや果物屋さん、インターネットを調べてみてください。

 

ゼアキサンチンは脳にも良い?

 

ゼアキサンチンという成分がアイケアを目的にしたサプリメントによく配合されています。それだけ目に対して良い効果を発揮してくれるのですが、どうやら目だけではなく脳に対しても有効なようです。アメリカでの研究発表では、ルテインやゼアキサンチンには子供の脳を作り、大人の認知力を高める効果があるという結果が出ているようです。

 

ルテインやゼアキサンチンといった成分は目の中に多く含まれているものなので、基本的には目に対して作用していると考えられていますが、人間の脳組織にとっても重要な働きをしていて、抗酸化や抗炎症に対しても関与している可能性があるそうです。子供の脳ではルテインの割合が大人よりずっと高く、それが神経の発達に関わっていて、大人では抗酸化作用によって活性酸素のダメージから生じる認知力の低下を防ぐものと考えられるそうです。

 

ルテインやゼアキサンチンはもともと化学的に同じような物質であり、その存在する位置も近いです。ルテインを摂取すると代謝によって必要分がゼアキサンチンへと変化して体内で使われています。これらは緑黄色野菜に含まれていますが、積極的に摂取しようとしないと有効なほどの量はなかなか摂取出来ません。パプリカやホウレンソウに多く含まれているそうですから、これらは意識して食べると良いでしょう。

 

アイケアのためのサプリメントでは、目の血流を良くしたり、目の抗酸化力を高めてくれる成分が多いですが、目は脳とも近いので、目のケアをしていると頭部にも良い影響が生じる可能性があります。脳の機能を高めるためにも、ぜひ目もしっかりケアしましょう。

 

健康に役立つ黄色のフィトケミカル

 

黄色やオレンジ色をしている野菜や果物には、やはりそういった黄色の色素が含まれています。こういった植物の持つ色素成分で特殊な効果を持つものをフィトケミカルと言いますが、特にベータカロテンやゼアキサンチンなどはカロテノイドと言われます。ベータカロテンはにんじんやかぼちゃに多いということで有名で、私たちも耳にすることが多いと思います。

 

必要分だけビタミンAに替わり、肌の乾燥や肌荒れを防いで美肌を作ったり、また抗酸化作用を持っているために肌の老化などを防ぐ役割をしてくれます。動脈硬化対策などにも効果的です。一方ゼアキサンチンはなかなかなじみが無いかもしれません。これは卵黄やオレンジ、マンゴーなどに多く含まれている色素です。人間の体内にももともと存在していて、網膜の黄斑に存在しています。

 

その主な役割としては、目において光から生じる活性酸素のダメージを防ぐことで、目は機能している間は常時光を浴びていて活性酸素を生じさせる可能性があるため、このゼアキサンチンはそれに対抗して非常に強い抗酸化作用を持っているのです。またこのゼアキサンチンはルテインと作用が似ており、紫外線を吸収することで活性酸素を抑制したりすることも行っています。

 

そのため、これらが加齢によって不足してくると眼病が多くなってきますので、積極的に摂取して目の健康を維持したいものです。黄色い色を持つ野菜や果物というのは、普段それほど多く摂取する機会があるものではありません。ただ逆に言えば大量に食べる必要もありませんし、また緑色の野菜などにも色素成分として含まれていることもありますから、食べる機会がある時にしっかり食べていれば十分な量を摂取出来るはずです。

 

注目されるゼアキサンチンとは

 

今注目されている成分にゼアキサンチンという成分があります。あまり耳慣れない成分かと思いますが、どうして注目されているのかというと、これが目の健康に大きな効果を持っているからです。

 

ゼアキサンチンはもともと体内にも存在していて、特に目の網膜にある黄斑と呼ばれる部分に多く含まれており、紫外線などの光から生じるダメージから目を守ってくれている物質です。高い抗酸化作用を持っていることが分かっていて、ルテインなどの成分と共に目を活性酸素の害からも守ってくれています。

 

これは体内にもともと存在はしているものの体内で合成することは出来ないので、基本的には年齢を重ねるにつれて消費され、減少していきます。すると黄斑変性症や白内障のような老人性の眼病が生じやすくなります。ゼアキサンチンはホウレンソウなどの緑黄色野菜やパパイヤ、マンゴー、トウモロコシなどにも含まれています。

 

ゼアキサンチンはルテインを摂取することによって体内で代謝されて作られるという話もありますが、精密にはゼアキサンチンに似た物質であり完全に同じではないそうです。またルテインだけを摂取するよりも、バランスよく摂取した方が相乗効果が見られるということなので、ルテインだけでなくゼアキサンチンも意識して摂取するのが良いでしょう。

 

とはいえ、なり食品の知識や料理の技術が無ければ、毎日安定してルテインやゼアキサンチンを有効量だけ摂取するのは難しいので、サプリメントなどを活用するのが良いでしょう。

 

目の健康にゼアキサンチン

 

目の健康が気になっている人も多いと思いますが、そういった方はぜひ普段の食生活に注意してみてください。普段の食事で摂取している食材の中にも、目に良い食品や栄養素は身近にたくさんあります。その中でも最近注目されているのが緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドの一種であるゼアキサンチンという成分です。

 

これは強い抗酸化作用を持っていて、サプリメントなどでも有名なルテインなどと共に目の黄斑部に存在しているものです。これをしっかり摂取することによって、黄斑変性症や白内障といった眼病の予防効果が期待出来ます。ゼアキサンチンはパプリカやほうれん草などの緑黄色野菜や、とうもろこし、マンゴー、パパイヤ、スピルリナなどに多く含まれています。

 

ゼアキサンチンやルテインは特に黄斑部を光のダメージから守る働きが強く、紫外線によるダメージだけでなく、蛍光灯の光やパソコン、テレビなどからのブルーライトからも目を守る効果があります。特にデスクワークなどでパソコン作業が多い人には特に重要だと考えられます。

 

ゼアキサンチンは人間の体内に存在しているものの体内で合成することが出来ないため、光によるダメージ量が増えれば減少していく一方です。そのため食事から積極的に摂取することが求められます。ルテインもまたゼアキサンチンに必要に応じて変化しますが、働きがそれぞれ違いますからそれぞれ摂取することが理想的です。